工程

落合酒造場の酒造り

焼酎造りの工程1.米麹
焼酎造りの工程1.米麹
焼酎造りの工程1.米麹

蒸したお米と種麹を使い、米麹を作ります。
弊社の麹造りは、総破精で、酸素量が多く、捌けの良い麹を造るように心がけています。
このような麹を使用して醸した焼酎の酒質は、味わいがしっかりと濃醇で膨らみがあり、
のど越しが柔らかで優しいものになります。

工程区分ライン
焼酎造りの工程2.一次もろみ
焼酎造りの工程2.一次もろみ

米麹に酵母とお水を足し、1次もろみを作成します。
私共の蔵で使用している一次甕は、200年~400年前に作られた
三石和甕を創業以来100年間使い込んだものです。
甕は地中に8割ほど埋設してあり、外気温に左右されにくく、
安定した発酵が維持できるので、麹が精製した各種酵素を
最大限活かすことができます。

工程区分ライン
焼酎造りの工程3.二次もろみ
焼酎造りの工程3.二次もろみ
焼酎造りの工程3.二次もろみ

六日後、蒸したお芋とお水を足し、二次もろみの仕込みに入ります。
二次仕込みも地中に埋設したタンクを使用しており、
櫂要れ作業を最低限に抑え、時間を掛けて二次醪の発酵を
持続させる仕込を行っています。

工程区分ライン
焼酎造りの工程4.蒸留
焼酎造りの工程4.蒸留

弊社で使用する蒸留器は、
オーソドックスで長年使われてきた形態の蒸留器です。
焼酎に、香味がしっかりと濃く、豊かに出るような
蒸留が行われるように調整しています。

工程区分ライン
焼酎造りの工程5.貯蔵熟成
焼酎造りの工程5.貯蔵熟成

焼酎は時間をかけて適切に保管すれば、
ゆっくりと味が熟成していくお酒です。
蒸留したての焼酎は、炭酸ガスが含まれており、
味に刺々しい刺激があります。
おおよそ1年経つと、角が取れて丸みを帯びた味わいと、
ふわりと優しい香りをもつようになります。

工程区分ライン
焼酎造りの工程6.びん詰め・出荷
焼酎造りの工程6.びん詰め・出荷

弊社では、古酒以外の製品でも、
ほとんどを最低2年以上熟成させてから出荷しています。
食中酒としておいしく飲むためには、
それ位の時間をおき、香り、味わい、のど越しに
柔らかさを持たせる事が必要と考えるからです。