緑肥栽培について

緑肥栽培について
工程区分ライン
緑肥栽培について

※燕麦は、ネグサレ線虫を抑制する効果があります。
※コブトリ草は、光合成により炭酸ガスを取り込み、根に付着したバクテリア(根瘤菌)によって
窒素や栄養分を生成します。
※農家の技 燕麦やコブトリ草の生育状態を見て診断し、緑肥が畑全体に均一に行き渡る様に鋤き込みます。
緑肥が過剰になりそうな時(3年に一回程)は大根を植え、緑肥の調整を行います。
(大根は連作が行えないほど、土から養分を吸い上げます)

工程区分ライン
緑肥栽培について

芋の収穫後、常に芋畑には緑肥用の植物が育てられているので雑草が生えにくく、
その為、使用する農薬を最小限に抑えることが出来ます。
また、緑肥の繊維が土と混ざるため、水はけが良く土壌が強固で、大雨等による土(栄養分)の流失が皆無です。
こうして自然の力を最大限に活かして育った芋は、水分が少なく、凝縮され、肉質が固く締まったものになります。

緑肥栽培について